表紙表紙>表紙製本カバーの特長について
HOME製本方法表紙カバーの特長表紙カバーの種類表紙カバーのサイズ

製本カバーの特長

●製本機とじ太くんと専用カバー使って製本すると簡単なのに整然と仕上がります。
●表紙は最初から折り目加工してありますので、製本しやすく読みやすいです。

製本カバーのしくみ

・表紙(A) ・背表紙(B)・裏表紙(C)が一体化。
・表紙の内側(D)に特殊な固形糊が施されています。
・製本機とじ太くんで糊を溶かして製本します。
・糊溶解温度はとじ太くんカバー用になっています。
・製本機とじ太くんには専用カバーをお使い下さい。
製本カバーのしくみ

製本カバーの折り目加工

・糊は、最初から専用カバー内側の最適な位置に糊付けされているため、熱で溶かしたときに糊がカバーからはみでたり、逆に紙がばらばらするようなことはありません。
・糊は厚みと形状が均一な板状の固形糊なのでとても安定しています。
・書籍を製本するのに使われているメッシュ上のクロス(コットン)を糊の内部に埋め込んでいる為製本強度が強力です。
製本カバーの折り目加工

製本強度について

・とじ太くん専用カバーは、最初から表紙が簡単に広げられるよう折り目加工済みなので、製本した書類は読みやすいです。
製本強度について